幸せホルモンを増やすための食事と運動の効果

「幸せホルモン」なんか胡散臭い感じですよね笑
幸せホルモンとは、セロトニン、ドーパミン、エンドルフィンのような神経伝達物質のことで、心身の健康を維持するために重要な役割を果たしています。
食事と運動は、これらの幸せホルモンを増やすための有効な方法の一つです。
以下では、幸せホルモンを増やすための食事と運動について詳しく説明します。

食事

セロトニンは、脳内の神経伝達物質で、心の安定や幸福感を促進することで知られています。
セロトニンを増やすためには、トリプトファンを含む食品を摂取することが重要。
トリプトファンは、体内でセロトニンを作るための原料となる必須アミノ酸の一つであり、食事でしか補えない重要なものなんです。

トリプトファンを多く含む食品

  • 乳製品(特にチーズ)
  • 肉(特に鶏肉や魚)
  • 豆類(特に大豆や豆腐)
  • ナッツや種実類(特にアーモンドやカボチャの種)

また、カカオに含まれるフェニルエチルアミンは、ドーパミンの放出を促進し、気分を高める効果があります。
カカオは、チョコレートやココアなどなんですけど、だから食べ過ぎちゃうというか、止まらなくなるのかしら!?

運動

エンドルフィンは、運動によって放出される幸せホルモンの一つ。
運動によって、痛みを和らげ、ストレスを軽減し、気分を高める効果があります。
始めるまでは本当に面倒ですけど、確かに運動後の爽快感は半端ないかも♪

オススメの運動方法

  • ウォーキングやランニングなどの有酸素運動
  • ヨガやピラティスなどのストレッチや筋力トレーニング
  • ダンスやスポーツなどのグループ運動

運動を継続することで、エンドルフィンの放出量を増やし、幸せな気分を維持することが可能。

食事と運動は、幸せホルモンを増やすための重要な方法

幸福感を高めるためには、原料となるトリプトファンを多く含む食品を食べたり、運動が大切。
でもまぁ、食べ過ぎは注意で!
太っちゃいますから。

運動によってストレスや不安を軽減したり気分を高めることができるし、消費エネルギーが上がる分、痩せることもできる。

ただし、食事や運動だけで幸せホルモンを増やすことはできないことに注意が必要。
例えば、睡眠不足やストレス、不規則な生活習慣などが幸せホルモンの分泌を妨げる可能性があります。
ってことで、バランスの取れた生活習慣を実践することも重要です。

最後に、食事や運動だけでなく、マインドフルネスや瞑想などのストレスを軽減する方法も幸せホルモンを増やすための有効な方法の一つです。
趣味に没頭する時間とかも良いんじゃないでしょうか。

生活習慣全般を見直してホルモンを増やし、健康で幸せな生活を送りましょう(^^)

幸せホルモンを増やしたい!方はコチラ

関連記事

  1. 身体のだるさと夏バテは食事の見直しがキーポイント!

  2. 【骨粗しょう症】顔の骨が痩せて顔の皮膚がたるむ

  3. 【レシピ3つ】根性論・精神論はもうおしまい!幸福感を作るセロ…

  4. 【レシピ3選】手足がパンパン、朝から顔が浮腫む人へ カリウム…

  5. ダイエット成功者の維持率がめちゃくちゃ低い理由

  6. 肌にも影響!貧血になりやすい人3選

知りたい事は? 例)豚肉 中性脂肪