【幸せホルモン】不足すると起きるす問題と、それを解決する方法

幸せホルモンとして知られるセロトニン。
その他にドーパミン、エンドルフィンも私たちの心身の健康と幸福感に大きく関与しています。
精神的に元気な時はあんまりピンとこないかもしれませんが、これらのホルモンが不足すると、さまざまな問題を引き起こすことも、。

ここでは、幸せホルモンの不足が引き起こす問題と、それを解決する方法について説明します。

【問題1:うつ病や不安障害】

幸せホルモンの不足は、うつ病や不安障害などの精神的な問題を引き起こす可能性があります。
特に、セロトニン足は、うつ病や不安障害のリスクを高めるとされています。

【解決策1:トリプトファンを含む食品を摂取】

毎日のようにモヤモヤした気分なんて嫌ですよね。

解決方法の一つとして、セロトニンの前駆体であるトリプトファンを多く含む食品の摂取が大切。
なぜかというと、セロトニンの合成を促進し、幸福感や安定した気分を促進することができるんです。

オススメの食品

  • 鶏肉、魚、大豆製品や豆腐
  • バナナ、アボカド
  • 豆類、ナッツ類、チーズなどの乳製品

【問題2:ストレスや不安】

幸せホルモンの不足は、ストレスや不安を引き起こすことがあります。
特に、ドーパミンの不足は、集中力や動機付けの低下、疲労感、不安感を引き起こす可能性があります。

なかなか集中力が上がらない、やる気が起きない、なんかかったるい、とかありません??

【解決策2:運動やストレス解消法を実践】

運動は、ドーパミンの放出を促進し、ストレスや不安を軽減するために効果的。
また、マインドフルネスや瞑想などのストレス解消法の実践も、ドーパミンの放出を促進し、気分を改善することができます。

確かに運動すると気分がスッキリしますよね。

【問題3:慢性的な疼痛】

エンドルフィンは、疼痛を抑制する役割を持っています。
エンドルフィンの不足は、慢性的な疼痛を引き起こす可能性があります。

痛いのに運動??
できるわけないじゃん!
と思うかもしれませんが、痛みを抑えるためにそういった治療方法も存在します。

【解決策3:運動の実践】

運動は、エンドルフィンの放出を促進し、疼痛を軽減するために効果的です。
他にも、マッサージやアロマテラピーなどのリラックス効果のある方法も、エンドルフィンの放出を促進し、疼痛を軽減することができます。

少し古いですけど気になる方は国立研究開発法人が掲載している以下の論文も参考にしてみてください。
疼痛に対する物理療法・運動療法

以上のように、幸せホルモンの不足は、さまざまな問題を引き起こす可能性がありますが、食事や運動などの方法を通じて、幸せホルモンの合成を促進することができます。
そのため、幸福感や心身の健康を促進するために、食事などの日常生活の中で積極的に幸せホルモンを増やすように心がけることが大切です。

関連記事

  1. 悪玉コレステロールの値、高くない?原因は炭水化物の制限かも

  2. ダイエット成功者の維持率がめちゃくちゃ低い理由

  3. 1月からのコロナ対策について

  4. 【栄養士が解説】閉経すると起こる体の不調は食事で事前に防ぐ

  5. 疲労感なき疲労

  6. いくつやらかしてる?中性脂肪が高くなる原因4つ

知りたい事は? 例)豚肉 中性脂肪