私が情報を発信するまでの道のり

いい加減な健康情報にいらつく。

どうも!30minからだメンテ料理教室 象の台所 代表 岡部ゆうこです。

どんなに権威があるとか言ってる医者でも、ヤバイ事言ってる人もいます。
医者だけじゃなく、看護士も栄養士も医師監修とかのサイトやメディア、そして一般書籍も。

まぁだから癌治療で効きもしない免疫療法などの保険外治療をやる病院が存在するわけですが、。

癌において標準治療は基本だし、抗がん剤や放射線を受けないという選択では癌の初期であったとしても自然治癒なんてありえません。
癌細胞が増えるだけ。
そうなると治療方法も限られていく。
転移が何を意味するのか、分かっていますか?

標準治療っていう言い方変えれば良いのになっていつも思う。
標準ってことはそれ以上の治療があるのかなって勘違いされそう。
ちなみに食事で癌は治せません。
でも癌になりにくい食事はあります。


あと本当によく耳にする「免疫力アップ」についてのいい加減さ。
分かりやすく免疫力と私も表現しますが、本当は「免疫システム」
何か一つやれば免疫システムが上がるわけではないし、上がったとしてその指標になるものは未だきちんとありません。

食事はもちろん「バランスの取れた食事」は必須です。

免疫システムについては、食習慣以外に喫煙や飲酒などの生活習慣、その人の性格、産まれ持った力、生きてきた環境、今の環境、睡眠や運動習慣、などによっても変わる。


とにかくいろんな要因が絡んだ複雑なシステム。

そのシステムを上げると謳うのは一体どんな根拠で、どんな疫学や統計学でそれを証明しているのか。


情報を発信する時、大切なのは信頼度

一次ソースはどこなのか?
その一次ソースの信頼度は?
メタアナリシス?
症例対照研究?
コホート研究?
後ろ向き?前向き?
それとも200人かそこらの統計?
その母集団はどうやって集められた?
バイヤスはない?
プラセボへの検証は?
それとも個人の意見?
誰の情報?その発信者はどんな人?

それらを精査する必要があります。
でもすごく大変な作業になるのでそもそも信頼度の高い発信源の情報を読み込みます。
国とか世界の機関の。

そこを重要視し、自分の目で正しい情報かどうかを判断する力が欲しくてシングルマザーで大変な状況でも栄養士の専門学校に通う事にしたわけです。



いい加減な事を鵜呑みにして自慢気に話していたり、信じている人を見ると
「ぁあ、こうやって信じて広まっていくのか」
と、タメ息。

いい加減な情報、本当に多いです。
自分で発信する時は、必ず一次ソースの確認とその情報源の信頼度は調べて欲しいと願います(^_^)

それでは。

関連記事

  1. 2波3波に備える!!免疫力を落とさないようにして体を守る方法…

  2. 悪玉コレステロールの値、高くない?原因は炭水化物の制限かも

  3. 別に動き回ったわけじゃないけど疲れたな。

  4. 春野菜の下処理

  5. アボカドに黒い筋が入ってしまう理由とそんな時の対処方法

  6. 健康食品で健康被害