ストレスはなぜ肌に影響を及ぼすの?

ストレスが肌に影響を及ぼす理由は、複数の生理学的なプロセスと相互関係が関わっています。
今回は、ストレスが肌に与える主な影響要因について書いていきます。

炎症の促進

ストレスは体内の炎症反応を増強する可能性があります。
そして炎症が肌トラブルの原因となることが、。
炎症が起こると、肌が赤く腫れたり、かゆみが生じたりすることがあります。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスは副腎からストレスホルモン(コルチゾールなど)の放出を促します。
これらのホルモンの増加は、皮脂の過剰分泌を刺激し、ニキビの発生を促進する可能性があります。

血流の制限

ストレスによって血管が収縮し、血液の循環が悪化することがあります。
そうすると、皮膚への酸素や栄養素の供給が制限され、肌がくすんだり、肌のハリなどがなくなったりします。

かゆみが起きる

ストレスを感じたひとが頭を掻きむしるイメージ、ありませんか?
ストレスは神経系や免疫反応への影響があったり血流変化が起きます。
するとかゆみを引き起こすことし、そのかゆい部分をこすりすぎることで肌を傷つける可能性があります。
また、ストレスによってかさぶたができやすくなることもあります。

免疫システムの低下

長期的なストレスは免疫システムを弱めることがあり、細菌やウイルスに対する肌の防御力を低下させる可能性があります。
これにより、肌が感染症にかかりやすくなります。
こうなると肌だけでなく、いろんな病気のリスクも上がっちゃいます。

筋肉の緊張

ストレスによって筋肉が緊張し、表情じわや首のしわができやすくなることがあります。
ストレスで顔が強ばる経験ありません??
長期間にわたる筋肉の緊張は、しわやたるみの原因となります。

不健康な生活習慣

ストレスは眠れなくなったり、爆食したり拒食になったりと不健康な生活習慣を引き起こす可能性があります。
不規則な食事や睡眠不足、喫煙、過度のアルコール摂取などが肌に悪影響を及ぼし、美肌を妨げる要因となります。

こんな感じでストレスの管理は肌の健康と美しさを保つために重要なんです。
リラクセーションテクニックやストレス軽減の方法を活用し、健康的な生活習慣を築くことが大切ですね。

関連記事

  1. 疲労感なき疲労

  2. 悪玉コレステロールの値、高くない?原因は炭水化物の制限かも

  3. 身体のだるさと夏バテは食事の見直しがキーポイント!

  4. 【夏の疲れを撃退!】ビタミンとミネラルがもたらすパワー

  5. 【栄養士が解説】痩せるために必要な避けられないこと

  6. 夏の食事で摂りたいビタミン&ミネラル!夏バテ知らずの体づくり…

知りたい事は? 例)豚肉 中性脂肪