赤ちゃん肌に近づく方法

赤ちゃんのようなプニプニで透明感のある肌を目指すには、日頃からのスキンケアと健康習慣や食事習慣が大切。

いくら化粧品やエステにお金をかけてもそれだけでは美肌はむずかしいのが現実です。
今回は少しでも理想の美肌に近づくためのトータルケアを伝授したいと思います(^^)

適切な洗顔

まずはここ。
強力な洗顔剤や化学的な成分を避け、肌に優しい洗顔料を選びましょう。
顔を洗う際には、弾力のある泡で優しく撫でるように洗うことが大切です。

保湿

保湿は赤ちゃん肌を目指すためにめちゃくちゃ重要。
無香料でアルコールフリーの保湿クリームやローションを使用し、肌が乾燥しないようにしましょう。
肌が乾燥するとシミ、しわ、たるみが促進するので絶対必須です。

紫外線対策

太陽からの紫外線は肌にダメージを与える可能性が大きいため、外出時には必ず日焼け止めを使用しましょう。
ただ注意したいのが、いくら日焼け止めを塗っていても紫外線が目から入ると脳が「紫外線を浴びている」と認識しシミの原因になるメラニン色素を作ってしまうのでUVカットのあるサングラスもした方が良いですよ。
さらに帽子、長袖の服を着るとベスト。

食事

健康的な食事は肌の材料になるので重要。
ビタミンや抗酸化物質が豊富な野菜や果物、オメガ3脂肪酸を含む食品を食べることを心がけましょう。
また、タンパク質も大切ですが摂りすぎると内臓に負担がかかるので摂りすぎには注意。

ストレス管理

ストレスは肌に影響を与える可能性があるため、ご自身にあったストレスを抜く方法を見つけましょう。
精神的に疲れている時は軽く動く方が有効。
またリラクセーション法や瞑想など交感神経を整えるようなも役立ちます。

適度な運動

運動することで血行が促進されて、栄養や酸素が届きやすくなったり不要なものを回収しやすくなります。
手足が冷えやすいような方は特に適度な運動を習慣化しましょう。

適切な睡眠

十分な睡眠を確保することは、肌の再生と修復に重要。
寝る前に肌をきれいに洗って保湿をし、清潔な寝具を使用しましょう。

喫煙とアルコールの制限

喫煙や過度なアルコール摂取は活性酸素がめちゃくちゃ増えて肌に悪影響を与えることがあるため、できるだけ制限しましょう。

スキンケア製品の選択

刺激が少ないような敏感肌向けのスキンケア製品を選び、肌に合った製品を使用しましょう。
敏感肌の方は特に、新しい製品を試す前にパッチテストを行うことが大切です。

過剰な刺激を避ける

過度なスクラブやピーリングを避け、肌を優しくケアしましょう。
肌は擦れば擦るほどにシミやたるみになってしまいます。
なので美顔マッサージみたいなのもご法度。

赤ちゃん肌のような美しい肌を維持するためには、穏やかで優しいアプローチが必要です。
また、個人の肌質に合わせたケアを行い、きちんと食べて運動し、休むことも大切です。
肌トラブルがある場合は、皮膚科医に相談することをおすすめします。

関連記事

  1. ビタミン・ミネラルを一切摂らないと人はどうなる?

  2. この対策が最強!!栄養士が解説する中性脂肪とコレステロールが…

  3. お弁当のおにぎりとごはんに潜む食中毒の罠

  4. 【ブラック栄養学】3日で健康診断の中性脂肪値を下げる方法

  5. 【食べてリセット】栄養バランスが疲労を癒す

  6. 【栄養士が解説】閉経すると起こる体の不調は食事で事前に防ぐ

知りたい事は? 例)豚肉 中性脂肪