【栄養士が解説】食べ物で肝機能アップ!健康な肝臓のための食事指南

普段、あまり自覚がわかないとは思いますけど、肝臓は体内でかなり重要な役割のある臓器です。
その健康をサポートするためには適切な食事が不可欠。
今回は、肝機能を向上させるための食事について書いていきます。

野菜と果物

ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を含む野菜と果物は肝臓の健康に良い影響を与えます。
特に、リンゴ、ブルーベリー、キウイ、ほうれん草、ブロッコリーなどはおすすめです。

良質なたんぱく質

鶏肉、魚、豆腐、大豆製品など、良質なたんぱく質を摂ることで、肝臓の修復と機能をサポートします。

脂質

常温で固まるようなバターやマーガリン、ラード、ショートニング、肉の脂身などの飽和脂肪酸を控え、代わりに魚介類、ナッツ類、豆類、オリーブ油・キャノーラ油・大豆油などの植物油にしましょう。
ただし、摂り過ぎには注意。

ビタミンとミネラル

ビタミンB群、C、D、およびタウリンは肝臓の健康をサポートするのに役立ちます。
食事からこれらの栄養素を摂ることが大切です。

毒素を避ける

添加物が多く含まれる加工食品、アルコール、過度なカフェイン摂取、不必要なサプリは極力減らし、肝臓への負担を軽減しましょう。

毒性物質を排除

<デトックスするのに役立つ食品>

  • 長ねぎ、にら、玉ねぎ、にんにく等:体内の有害物質を包み込んで吸収を阻害する
  • アブラナ科の野菜(ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、大根):有害物質の無毒化をサポートする
  • 食物繊維を多く含む野菜:有害物質を体外へ排出する

適度な水分摂取

十分な水を摂ることで、体内の毒素を排出し、肝臓の機能をサポートします。

適切な食事回数

過度な食事制限や長時間の断食は肝臓に負担をかけることがあるため、規則的な食事をとりましょう。

カロリー制限(肥満の場合)

肥満がある場合、体重を減らすことが肝臓の健康を改善するのに役立ちます。

肝臓は体内の浄化工場であり、正常な機能をサポートするためには健康的な食事が欠かせません。
上記の食事指南を実践し、肝機能をアップさせることで、肝臓の健康を維持しましょう。
ただし、肝臓の問題を抱えている場合、医師の助言を受けることが重要です。

関連記事

  1. 【栄養士が解説】痩せるために必要な避けられないこと

  2. 【骨粗しょう症】顔の骨が痩せて顔の皮膚がたるむ

  3. 【短鎖脂肪酸】腸内細菌が肥満を防ぐ

  4. 【抗酸化物質と健康の関係】 食事で老化を食い止めよう【老化に…

  5. 全工程ちゃんと作ってもスポンジ系がうまくできない人へ

  6. 【栄養満点って何】栄養豊富な食材とは?

知りたい事は? 例)豚肉 中性脂肪